ANAプラチナカードに入会しました

4月下旬にANAプラチナカードにネット経由申し込みをして、2週間程で手元にカードが届きました。
2016-05-29_151719

私も40歳になりましたので、後述する動機の他に、少しだけ世間様に対して見栄を張ってみたいと思いゴールドカードからワンランク上のカードへ乗り換えることにしました。

勿論、事前にゴールドカードとプラチナカードのメリットとコストパフォーマンスはネットで相応に時間を掛けて調査しました。

結論を先に述べると、ゴールドカードの年会費1万円(税別)と比較して、プラチナカードは年会費が8万円(税別)と跳ね上がりますので、カード利用金額と飛行機の利用頻度次第では、7万円の年会費差を「埋めることは可能」と認識しています。つまり、相当な利用頻度でANAプラチナVISAカードを利用しなければ、「見栄」だけで終わってしまいます。

自分を鼓舞するためにも、このANAプラチナVISAカードを利用実績と得られたメリットを記録していきたいと思います。

カード利用開始時点でのステータス

カード利用時点でのステータスについてまとめておきます。
・年間カード利用額(ANA ゴールドカード(VISA))  
 2015年5月-2016年4月 合計8,700,000円

・ANAマイレージ 
 本ブログ開始時点のステータスは「ブロンズ」です。現時点(2016年5月)でプレミアムポイントが30,000ポイントを越えているので、2017年も「ブロンズ」となることは確定です。

ANAプラチナカードに切り替えた動機

カードの利用は個人利用は40-60万円程度/月。残りは会社関係での立替支払い分となっています。
自分でも計算してみてビックリしましたが、直近1年間で870万円もカード利用していました(驚き)。これまで実家への年1回の帰省の際にクレジットカードで貯めたマイルを利用して家族のうち数名分を特典航空券を利用していました。ここ数か月、カード利用額が100万円を超えたことから、もう少し効率的にマイルを貯めることが出来れば、家族全員分の航空券を無料化することが可能なのではと思い立ったのが動機です。

今後、都度、カードの利用状況やマイルの貯まり具合を報告させて頂きます。

(ANAプラチナカードの次の投稿『ANAプラチナカード与信枠500万円』へ)