【ふるさと納税】毎週5セット限定!! 福岡県赤村産豚肉満腹セット  2度目の注文しました

駄目リーマンです。こんばんは。

今年6月にふるさと納税で、赤村産豚肉満腹セットを2度目の注文をしちゃいました。
アイキャッチの写真は冷凍庫で私から食べられるのを待っているお肉たちです(笑)。

ふるさと納税の意義

福岡県赤村豚肉

返礼品については報道で返礼品競争だとか、東京都の自治体の税収減が深刻だなどと報道されていますね。それこそ10億円単位の減収だー などと騒がれています。

私は思うんですよ。
ふるさと納税制度って、赤村のような小さな町村のためにあるってね。

私は出身が福岡県太宰府市なんですけど、ふるさと納税がなければ、同じ福岡県に赤村ってところがあるなんて知りませんでしたからね(笑)。人口わずか3,300人、世帯数で1,500世帯ですよ。

もちろん、小さな村なんで産業の豚などが大ブームになっても対応できません。
今でも豚肉は1週間で5セット限定というように、数量限定で出来ることをコツコツとやって、村を支えていこうという取り組みですからね。

こういう小さな村でも、ふるさと納税制度があると、私のように東京で働いている人で同じ出身県者へ、直接赤村の豚肉をPR出来るんですから、良い世の中になったなーと思いますよね。

2016年度は30万円の納税で一眼レフのデジカメをもらいましたけど恥ずかしい。

初のふるさと納税をしたのは2016年秋。12月の期日が迫っていたので、ふるさと納税枠を使いきれないと思い、キャノンの工場がある大分県国東市で30万円で約14万円相当の一眼レフデジカメを購入しましたが、今、思うと自分でも「もうちょっと、別の使い道があったんじゃないかな」と思いますね。

福岡県赤村を応援しようと思います

赤村からの豚肉と一緒に、村長さんからのお手紙が入っていました。
なんだか「ほのぼの」とするお手紙(お礼状)なんですよ。

こういうのをもらっちゃうとお肉も当然おいしくなります。
今年(2017年)中にあと1回くらい、お肉を頼もうかな と思ってしまいますね。

農業を応援したい

TTPや自由貿易だと色々と新聞では書かれています。
農家の人って複雑な心境だと思います。

特に小さな町村で就農されている方は、もっと心配だと思います。
自分としては、今後はこういうスタンスで小さな町村の農産品を応援する形で、ふるさと納税を続けていきたいと思います。

皆さんも素晴らしい返礼品に出会えるといいですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】福岡県赤村産豚肉4kg満腹セット(A-15)
価格:20000円(税込、送料無料) (2018/8/14時点)

おわりに

本日は「【ふるさと納税】毎週5セット限定!! 福岡県赤村産豚肉満腹セット  2度目の注文しました」という話でした。

最後までお付き合いありがとうございました。