月間12,000PVブロガーのつぶやき

こんにちは。皆さんのブログは成果は出ていますでしょうか?

私のメインブログは全く成果(収入)が出ていません(笑)。成功されている方々の報告ブログを読んでいますと、手取り月収100万円達成のためには、『1年間、売り上げゼロを我慢できるか?』だとか、『半年間は1日1本記事を書け!』など、上から目線のお言葉が並んでいます(笑)。月収100万円なんて大きな数字は目指しませんが、せめて月1万円のお小遣い程度は欲しいと思いブログを書いています。

ブログ更新の簡易履歴

いざブログをはじめると、「よっしゃ、それなら自分も半年間、毎日、ブログを更新してやる。その先にはバラ色の世界が待っている!」と、当初のお小遣い程度の目標をあっという間に忘れ、年甲斐もなく大金を狙った自分がありました(笑)。

私も大学時代は体育会で気絶したくなるような練習に明け暮れていましたので、そこそこ、根性は持ち合わせていると思っています。ブログを始めて3ヵ月間、時間的に厳しいこともありましたが、根性で毎日、更新を続けました。仕事で帰宅が遅くなりそうな週は、土日に予めブログを書いて予約投稿をしていました。

3ヵ月間、続けてみましたが、よく言われるようにネタがなくなるということは無かったのですが、さすがに睡眠時間を削ってのブログ更新を毎日継続するのは、体力的に厳しくなりました。その為、現在は週2回程度の更新頻度としましたが、それでもブログ更新は続けています。しかし、肝心のPVは頭打ち状態となっています。

6ヵ月間のページビュー(PV)の推移

2016-06-06_150854

PVは6か月間で約72,000PVとなりました(12,000PV/月)。上のスクリーンショットは6か月間のPVを日単位で表示したものです。参考まで同じ期間のものを週単位で表示してみます。

2016-06-06_151309

うーん、PVが減っていることは一目瞭然です。先ほど「ネタには困らない」という趣旨のコメントをしましたが、正直な話、最近は毎日書けと言われるとネタに困ります(笑)。

モチベーション維持が最大の敵

いつも楽しく拝見させて頂いているブログ部の「PV数でわかるブロガー番付」という記事によれば、私は『月間1万PV~』というカテゴリなので「ノービス」クラスとなります。ブログ内容で異なると思いますが、一般にはブログのマネタイズは0.1~0.2円/PV程度であるとネットで多く目にします。

実はこの数字が私のモチベーションを大きく下げています。

2016-06-06_151707
引用元:ブログ部HP

成功できないブロガーの心境

「月間12,000pV程度のくせに」と思われるかもしれませんが、収入が殆ど発生しない状況でブログを書き続けていくことは苦しいです(笑)。ブログ専業でもなければ副業をしているということでもなく、世の中の動きや若い人の思考や流行りを理解してみるのもいいもんだと思ってブログを書いている面はあります(強がっています・・・)。しかし、やっぱりブログを書くからには認められたいと思いますし、巷で言われている程度の売り上げがあれば嬉しいものだと思います(これが本音)。しかし明らかに平均以下の成績では心が折れそうになります。

本ブログを書く意味

メインブログを頑張ればよいのですが、メインブログはある程度、テーマーが決まっているため少しばかりの息抜きとしてこちらの「サブブログ」を書いていこうと思います。ここまで書いてみますと、非常に新鮮な気持ちになりました。もう少しメインブログも頑張ってみようと思います。

ANAプラチナカード与信枠500万円

ANAプラチナカードを申し込んだ際の自身のCredit利用履歴と与信枠、カードが届くまでの審査について説明させて頂きます。

ANAプラチナカード
ANAプラチナカード

1. Credit Cardヒストリー

20160530-2

20代の頃はキャッシングもしましたし、リボ払いもしました。1か月程度の延滞も二度、三度とありましたが、30代に入ってからは遅延もなくなりました(信用情報は約7年で消滅します)。

クレジットカードは、気が向くままに作成し、ガソリンスタンド発行のものであったり信販会社発行のカード等、30代では常時5枚程度を保有していました。

与信枠は多い方が良いという考えがありましたので、保有カード全てでキャッシングの利用可能枠が設定されていました。勿論、30代になってからは、金利が勿体ないことも理解できるようになりましたのでキャッシングの利用実績はありませんでした。
ただ、住宅購入をした際、銀行の方よりクレジットカードの与信枠とキャッシング枠は別物であり、「キャッシング利用枠はローンが存在していることと同じ」と説明され、住宅ローンの審査に通過するために、キャッシング枠はクレジットカード全てゼロにしていました。

2.ANAプラチナカード申し込み時の状況

ANAプラチナカード申し込み時の保有カードは「ANA ワイドゴールドカード」でした。住宅購入を機にクレジットカードの整理を行い1枚に統一して、2013年10月から約2年半、「ANAワイドゴールドカード」だけを利用していました。

「ANAワイドゴールドカード」の利用開始時の与信枠は100万円。概ね、十分な与信枠でしたが、「ANAプラチナカードに入会しました」で説明した通り、直近1年のカード利用は月額50万円を恒常的に超えましたので、100万円→150万円→200万円→250万円と数か月毎にVpass(三井住友カードのWebサイト)経由、与信枠拡大を申請し全て承認されてきました。

3.ANAプラチナカードの発行と与信枠

20160530-3

上で述べた通り、「ANAワイドゴールドカード」の与信枠は直前で250万円となっていました。一方、ANAプラチナカードの与信枠は最低300万円と説明されていましたので、私は300万円で承認されるものと思っていました。

申し込みは先に述べました通り、ホームページ経由カード種類の変更(ワイドゴールド→プラチナ)を申し込んだだけです。ゴールデンウィーク開始直後にネットで申し込んで、GWあけの2営業日目(火曜日)に携帯電話に電話があり、電話番号の有効性の確認がされました。

私の方から、「いつ頃、カードが手元に届きますか?」と質問したところ、「電話の存在確認の部署であり、審査はこれからです」と説明がありました。

しかしその電話が掛かってきた週末の土曜日にカードが届きましたので、カード発送を金曜日と仮定すると、電話確認からカード発送まで僅か4日間(火曜日~金曜日)しか必要なかったことになります。結構、素早い対応ですね。

さて、肝心の利用与信枠(利用可能額)はなんと500万円でした。

(→ANAプラチナカードの次の投稿『ANAプラチナカード 利用状況(2016年5月)』へ)

 

ANAプラチナカードに入会しました

ANAプラチナカード

4月下旬にANAプラチナカードにネット経由申し込みをして、2週間程で手元にカードが届きました。
2016-05-29_151719

私も40歳になりましたので、後述する動機の他に、少しだけ世間様に対して見栄を張ってみたいと思いゴールドカードからワンランク上のカードへ乗り換えることにしました。

勿論、事前にゴールドカードとプラチナカードのメリットとコストパフォーマンスはネットで相応に時間を掛けて調査しました。

結論を先に述べると、ゴールドカードの年会費1万円(税別)と比較して、プラチナカードは年会費が8万円(税別)と跳ね上がりますので、カード利用金額と飛行機の利用頻度次第では、7万円の年会費差を「埋めることは可能」と認識しています。つまり、相当な利用頻度でANAプラチナVISAカードを利用しなければ、「見栄」だけで終わってしまいます。

自分を鼓舞するためにも、このANAプラチナVISAカードを利用実績と得られたメリットを記録していきたいと思います。

カード利用開始時点でのステータス

カード利用時点でのステータスについてまとめておきます。
・年間カード利用額(ANA ゴールドカード(VISA))  
 2015年5月-2016年4月 合計8,700,000円

・ANAマイレージ 
 本ブログ開始時点のステータスは「ブロンズ」です。現時点(2016年5月)でプレミアムポイントが30,000ポイントを越えているので、2017年も「ブロンズ」となることは確定です。

ANAプラチナカードに切り替えた動機

カードの利用は個人利用は40-60万円程度/月。残りは会社関係での立替支払い分となっています。
自分でも計算してみてビックリしましたが、直近1年間で870万円もカード利用していました(驚き)。これまで実家への年1回の帰省の際にクレジットカードで貯めたマイルを利用して家族のうち数名分を特典航空券を利用していました。ここ数か月、カード利用額が100万円を超えたことから、もう少し効率的にマイルを貯めることが出来れば、家族全員分の航空券を無料化することが可能なのではと思い立ったのが動機です。

今後、都度、カードの利用状況やマイルの貯まり具合を報告させて頂きます。

(ANAプラチナカードの次の投稿『ANAプラチナカード与信枠500万円』へ)